MENU

通勤時の自転車の問題

 最近は、自転車に乗る人が増えてきたためか、自転車と歩行者がぶつかるなどの事故が起きているでしょう。朝の通勤時間など急いでいる時に、そのような事故が起きやすいのではないでしょうか。

 

 しかし自転車と言っても、かなりのスピードを出して走っていると、それは時に歩行者にとっては、凶器に変わってしまうこともあるのではないでしょうか。

 

 通勤時に自転車を使っている人は、少し時間に余裕をもって家を出るなどしたり、人で混雑しているところは、無理に自転車で通ろうとせず、いったん自転車から下りて歩くことが大切ではないでしょうか。

 

 海外では、車道の横に自転車専用のレールが作られているところがあります。日本でも法律が変わり、自転車は車道の端を通ることになりましたが、まだまだ設備が整っていないので危険な面もあるでしょう。法律が変わったことで、人も車も自転車も、安全に通行できる環境を作っていってもらいたいものでしょう。

今、日本が抱えている自転車の問題関連ページ

私の仕事をする時の一日の流れ
毎日同じ生活に変化を